そまらば日誌

『身近に感じる伝統工芸』を目指して、絞り染めでものづくり!

結果と過程。

 

出来上がったモノそのものにも価値はあるだろうが、制作の過程にだって価値はある。

 

・・といいますのは過程がどうのと先日書いたわけですが、

 

somaraba.hatenablog.com

 

絞り染め、出来上がったモノも面白いたぁー思うけど、その過程もオモシロイんだよって記事である。

 

 

 

↓過程関係(?)でいけばこういうのがみとはお好きです。

youtu.be

 

 

↑最近では日本の美術館の展示で見かけるほどになった初音ミク氏の動画である。

 

動画長いと思うから最後のほーだけでも。

 

・・いやミク氏はいいんだミク氏は。

 

制作過程って案外見られないモノだから、描いてるトコロとか作ってるトコロって見てるそれだけでワクワクするものですね。

 

みとは人がなんかしてるのをぼえ~っと見てるの好きですよ。

幼きころにはおじいちゃんが自転車の修理してるのとか特に手伝うでもなくぼえ~っと見てましたw

 

今やってんのは結果重視のモノを売る仕事なんですが、基本みとは過程がオモシロイことをするのが好き。

 

f:id:somaraba:20160624204844j:plain

 

前にも書いたとおり、絞り染めは作っていく過程もオモシロイので商品ページの最後のほーにはこんな感じの作業途中の画像をつけている。

「ほほーこうやって作ってるのか」ってわかると、作品をそれまでは他人事のように見ていたお客さんとの距離感がちと近くなるかなーっと思う。

体験してないけどしているキブンになれるというか。

 

まだイベントに出展したことはないけど、そーいう機会を得たときには絞ったままの状態のブツを持ってって売ってみたい。

糸抜きの作業もとぅるるるるるって糸がとれていくの、楽しいからね。

 

 

f:id:somaraba:20160627225354j:plain

minne.com

 

暑くなってきたし手ぬぐいで汗拭いてスッキリ☆爽快!でどうぞおー!

 

minne.com

 

そんじゃ今日もおやしゅみ~~。

広告を非表示にする