そまらば日誌

『身近に感じる伝統工芸』を目指して、絞り染めでものづくり!

不器用な記録帳。

 

最近、発送のときは運動がてら自転車でブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃している。

 

昨日からアアダ・コウダとなやんでいたら、通りかかった小学校の児童がおそらく昼休みにパワフルに遊んでいる姿を目の当たりにすることになりなおさら心がグッハァ・・・なんてもう歳を重ねてきている私は思ったこんにちは、みとです。

 

お客さまにこちらのブログをお教えしてスッタ・モンダしているみと氏を楽しんでいただこう!と、こういう趣旨でメッセージカードにカキカキしていたのだが、ギギギギギ・・・と己のユーモアを出すことに躊躇を感じるようになったのでやめました(おい)。

 

そもそもなんでブログを紹介する必要あるのって、現在は各ハンドメイドマーケットサイトに委託しているけど販売の仕方を見直すかもしれないからなのだが。

ただ、実は↑コレを直接委託しているサイトに書くと組織の闇に吸収される恐れがあるとおもうのでこういうカタチとなるのである。すまねぇみんな・・・

 

 

f:id:somaraba:20161102134315p:plain

引用→朝日新聞に掲載されました。 | 飛べなくなった人- 石田徹也の世界

 

アアダ・コウダしてたら目の前に現れた(作家の名前思い出しただけ)。

そういやこの人もデザイン出だったのだなァ・・・と思い出す。生きてたらどんな絵を描いたのだろう。

 

作家とはモノを作ることはモチロン、自己プロデュースし演出する能力のある人のことである。アートの現場なんて特にそうなんじゃあないかって思う。

 

 

f:id:somaraba:20161027212258j:plain<呼んだ?

 

 

呼んでない。

 

そんではここいらで!

広告を非表示にする